サモケンのゲーム日誌

このサイトはゲームやアプリを中心に攻略やレビュー、紹介をしていくサイトになります。

アークザラッドR

[アークザラッドR]新しくフェスで追加されたノルの性能、引くべきか?

投稿日:2018-09-28 更新日:

今回は、本日から配信されたフェスのノルについての性能や覚醒、専用装備の記事となります。

・最初から結論

まずはじめに結論から言ってしまうと、確率や性能に見合ったノルの今回のガチャは引いたほうが良いのかと言うと、図鑑にこだわらないのであれば引かないほうが良いと個人的に考えてます。

現在いろんな所で騒がれており、その原因となっているのがこのキャラは星5のみの排出と、確率が0.185%と言うこともあり普通にプレイしていればまず引くことができないキャラと考えるのが妥当、そしてそれを見越しても引くべきの価値があるのかと言うところ、正直他にも強いキャラは多く無理に引かなくてもいいキャラと考えます。

 

・性能面

・まずは初期値から。(星5のみ)

HP 攻撃 防御 魔防 速さ 移動 初期MP
379 234 12 12 50 4 10

このようになっておりHPと攻撃力はほぼハルトと同じくらいになってますが、防御と速さはリアと同じで耐久性の低めのアタッカーと言えます。

成長値はHPが15.4 攻撃が9.7とアタッカー標準クラス。

攻撃レンジは2マス目の魔法攻撃、相性は精霊

・覚醒後

HP 攻撃 防御 魔防 速さ 移動 初期MP 最大MP
2458 1543 12 17 50 5 20 80

このようになりHPはアタッカーの中でもかなり低い部類だが攻撃力は範囲攻撃キャラの中でも高いキャラとなっており、移動が上昇するのでいかに被弾しないように立ち回りするキャラと言える。遺跡や闘技場でも使いやすいキャラ。

また初期MPが20と低く、範囲攻撃&特技連射型のキャラなのでMPの補強はほぼ必須。

・装備

おすすめ装備はHPや耐久力は捨てて、飯綱やすごいローブによる初期MP補強と黄色い宝石。

攻撃力に特化させるならライトスーツやマスターソード2本でもいい。

 

・スキル面。

スキルは2種類とオートスキルは無し、覚醒後も範囲拡大はない。

・グラビトンバースト 覚醒後ゼロバースト

MP40、範囲内の敵味方に180%ダメージ 覚醒後は195%

超範囲殲滅スキルとなっており文字通り過剰攻撃力で敵味方跡形もなく消し去ってくれるロマンスキル、正直実用性を考えるとほぼネタスキル

味方を攻撃した場合隣接している味方の反撃も食らい、全滅目当ての運用方法が取れる(エンヴィーロッドを最大スペックに出来るが現在ほぼ利用価値はない

 

・シャドウスフィア 覚醒後ダークスフィア

MP30、範囲内の対象に105%を2~5回ダメージ 覚醒後は3~5回

ブレ幅があるがこちらがメインスキル、ギャンブル性がありチョンガラの爆撃をMP30に落としたような性能。

こちらは非常に使い勝手がよく連射も効き、確定2回以上攻撃できるので雑魚にもボスにも使いやすい、また覚醒すると3回以上になるので1体を対象とした場合の倍率はMP30で、315~525%とコスパ的にもかなり強力、約10000~15000のダメージ

・専用装備の詳細

・エンヴィーロッド

現在手に入る唯一の星4杖でノル専用装備

攻撃力はやや低く5%の恩恵を受けなくてもマスターソードでも十分だが、気持ちエンヴィーロッドのほうが強い。

また特殊効果で味方の数が少ないほど攻撃力にボーナスが入り、グラビトンバーストやヂークの自爆で意図的に攻撃力を操作できるが、現状人数が減るメリットがあまりないので必要性は薄い。

 

・デッドリーリング

純粋に火力と防御を底上げできる専用装備

とはいっても上昇値が低く基本攻撃力が上がらないので、攻撃力と目当てで5%上げるのであれば黄色い宝石を付けたほうが強い。

性能としては青い宝石に防御力上昇を足した感じ。

 

・設定など

今回新しく追加されたノルですが歴代作品でも用語として登場していた古の七勇者と言う設定が施されていたノルでしたが、このノルも魔獣と心が通じるようでⅡでも名残のあるアイテムが登場しています(Ⅱでマザークレアの洞窟に入る際のノルの水晶から)

 

まさかこの設定が活かされているとは意外だったとの一言、というよりデザインが違いすぎて七勇者のノル本人だとは思わなかった

 

この中にはワイト族のワイトと言う名前やⅡで登場した古の七勇者のゴーゲンもあり今後登場することが予測されるでしょう。

個人的に気になったのがやはりストーリーの中心となるであろうことが予想される時渡りの魔導師ワイトでしょうか、今後ミズハやゴーゲン、アークとククルにどのようにかかわってくるのかが楽しみであります。

 

・まとめ。

今回はこのようになりますが、いかがでしたでしょうか。

キャラとしては引きたいところでしたが自分は30連ぽっちで引くことができずに覚醒フレンドさんの力を借りることになりました、攻略的には引いたほうが良いかと言われると避けたほうが無難だと思います、沼の如き禿げること間違いなし。

同じ範囲殲滅アタッカーは他にも覚醒エルク、覚醒セーラ、リアなどのアタッカーも十分に強く、前回配信されたサニアは覚醒無しでも異常な強さと範囲攻撃が備わっているので、これを軸にタンク、バッファー、ヒーラーが1人づつ育っていれば現状あらゆる状況で事足りることがほとんどです。

現在配信されたばかりで色々と意見が飛び交ってますが自分は今後の再販時に星3で獲得ができることを願い、今回はこのままスルーしていこうと思います。

 

-アークザラッドR

執筆者:

関連記事

(アークザラッドR)3章攻略にあたって要点をかいつまんでみた。

配信され数日が経ちまして、二章の攻略が終わりまして、3章に突入して難易度が激変しましたので主な攻略、変化のポイント、編成などを説明していこうかと思います。 約二章の後半あたりから敵のステータスは遺跡ダ …

[アークザラッドR]アップデート後のまとめについて

今回は8月3日に行われたアップデートの内容と遺跡ダンジョンについての説明をしていこうと思います。 アップデート後について 今回のアップデートは主に曜日ダンジョンと遺跡ダンジョンの宝箱の中身が追加される …

[アークザラッドR]アップデート後のイベント極限闘技、高難度攻略や感想、まとめなど。

今回は本日のアップデート後に追加された極限闘技について紹介していきたいと思う。ストーリーの第4章前半も配信にされ、今後のストーリーや展開にも注目していきたいところ。 極限闘技に関して 極限闘技に関して …

[アークザラッドR]ついにやっと初イベントが告知されたので予想とまとめ

今回はついにゲーム内での初大型イベントがついに告知され内容も多少公開されたのでまとめてみよう。 イベントの種類はハンターズクエストによる、装備作成イベント 新しく告知されたイベントの内容は特殊依頼から …

[アークザラッドR]新規イベント、忍び寄るキバ討伐詳細まとめ。

今回は10月10日から追加された、第3回目の討伐イベントキバ討伐の詳細をまとめていきます。 イベントの詳細 今回は第3回となった討伐イベントですが、前回同様戦果ポイントを稼いでいき、今回はミッション報 …