サモケンのゲーム日誌

このサイトはゲームやアプリを中心に攻略やレビュー、紹介をしていくサイトになります。

エバーテイル レビュー

[エバーテイル]レビュー評価、戦闘システムやストーリーは神ゲーだがUI周りやガチャ周りはかなり渋く惜しい作品。

投稿日:

今回は有料アプリゲーのエバーテイルが期間限定でタイムセールで無料になっていたので、プレイしてみた感想&レビューを紹介していく記事です。

 

エバーテイルのレビュー評価やプレイした感想

面白かった点や魅力など

・モンスターを捕獲による入手

一番システムで魅力なのはこの点で、ポケモンやDQモンスターズなどを意識したような、捕獲システムがあり、成功すると仲間として使用できるというシステム。

基本は敵のHPを減らしたほうが捕獲率は高くなり、捕獲できるのはストーリーモードの野生で出て来る敵のみ、ボスキャラやイベント、強制戦闘などの敵キャラは捕獲できない。

成功すると戦闘終了後に入手し、編成したり強化素材にするなど使用することができるようになる。

 

・戦闘システム

詰将棋の様なやや頭を使う戦闘システムが結構面白く、スキルのコストはPT全員で共通の物を使用する珍しいタイプです。

そのため次のキャラの順番や使うスキルを考えて行かないと、使用できなかったり、倒されたりと結構頭を使うタイプのシステムです。

また大半の攻撃スキルは一定の条件を満たすと3~5倍の威力になるので、これらの条件を満たしながらダメージを稼ぐのが重要になってきます。

 

こちらが戦闘画面で左下の行動順を参考にしながら各キャラのスキルや右下のPT共通のMP(スピリット)を管理しながら戦闘するのが基本。

編成は8人だが戦闘するのは戦闘の4人で、戦闘不能になると控えのメンバーが順番に入れ替わるシステム。

 

こちらが編成画面で8人で編成し、装備は武器とアクセサリーのみの比較的シンプルな構造、一部の高レア武器とキャラは強化&進化が存在する。

あまりやり込み要素などはゴチャゴチャしていなくてシンプルなソシャゲの物、同キャラ同士による覚醒と進化と強化のみ。

 

良かった点

・ストーリーは王道系

ストーリー内容に関しては多種族VS魔族の王道系ストーリー、個人的には王道ストーリーは結構好みでキャラのイラストもアニメ系イラストでは無いので結構好感が持てました。

変わった点と言うとカエル族という種族が出て来るので、イラストなど含め全体的にアナザーエデンに近い感じの印象をうけました

 

・オフラインストーリーはスタミナ消費無し

オフラインストーリーは基本的にスタミナ消費は一切なし。

自分が満足するまで一気に遊べます、またガチャ産キャラがいなくてもストーリーで入手できるキャラで突破はできるレベルで仲間は入手できます。

スタミナ(マナ)消費するのはイベントクエストとデイリークエストのみ。

 

・ランクはもりもり上がる

上がると言ってもランクが上昇時に最大コスト上昇+スタミナは回復なし、代わりにスタミナ回復薬のマナポーションは1個配布されます。

序盤はコスト制限があるのでこの点はかなり嬉しいといったところ。序盤は装備やキャラを8人詰め込むだけで一気にコストオーバーするので、サクサク上がり比較的早めに8人組めるようになります。

レベル50まではすごい勢いで上がっていき、そこから先は一気に経験値補正が入り、上がりにくくなる。

 

気になった点

・石の配布量&ガチャが激渋

一番気になったのはここ、1日プレイしてみましたが初回の10連引けるまでがオフラインストーリーを6章まで進んでからようやく引けるレベルで石の配布量が激渋。

1日プレイして最初に引いた10連はもちろんSSRは無し、ここまでのプレイ時間は10時間ほど。

他にはイベントを攻略すれば入手できますが、序盤で入手できるキャラでは全く攻略できないので、余計に入手量が限られてきます。

単発リセマラすればかろうじて引けますが、SSRキャラ(星6)の排出率は1%なのでこちらもかなり渋いです。装備と合わせると合計SSRは5%

またこれらの存在のおかげで、捕獲システムやストーリーで入手できるキャラなど大半が最終的に産廃するのもどうなのかとも思えた、せめて全キャラレアリティ進化5まで位は実装してほしいといったところ。星6までとは言わないが全員最低限の足並みを揃えさせてほしいといったところである。

・機能システム面がお粗末

あげだすと結構切りが無いですが、マナポーションのまとめて使用だったり、閉じるをタップしないと結果画面が進まなかったり、オートのAIが状況選ばないコスト優先使用でお粗末なほどポンコツだったりと色々ストレスがたまる面が多い。

他にもストーリーモードの移動などもう少し何とかならなかったのかと思えるような点もあったり、他のゲームと比べると不便な点がやや目立つ

 

 

まとめや感想

序盤はオフラインストーリーを進めていきながらガチャを引く流れですが石の配布量が激渋すぎて、最初の10連が引けるまで6章に到達してから引けるほど石の配布量が少なすぎるという点。

ガチャが無ければ間違いなく10点を上げれるほどの神ゲーと評価したいところですが、捕獲システムで捕まえられるキャラは星4までで、高難易度をクリアするとなると結局ガチャ産キャラやSSR前提になってしまうので惜しい作品と言った感想です。

どうしてもSSRが欲しいなら数時間プレイしてリセマラするか、有償ガチャのビギナーガチャを引いて確実に入手してスタートダッシュを決めるのが無難。

個人的には戦闘システムやオフラインストーリーに関しては文句なしの10点で全く苦にならないほど面白い作品でした。

・表にすると以下の様な感じです。

評価項目 点数 備考など
ストーリー 10点 王道ファンタジーもの、ストーリーのボリュームもかなり多く、ストーリーだけで相当遊べる
戦闘システム 10点 やや頭を使うターン制だが、ある程度レアリティらいぇべるを上げれば脳筋プレイも可能。
BGM 9点 戦闘BGMなど結構カッコイイ物が多く、種類も多くて割と好みでした。
ゲームシステム 9点 一番の魅力は捕獲システムだが、ストーリーをプレイするなら十分楽しめるシステムだが、結局のところガチャ産キャラの存在で台無し感。
機能システムUI周り 6点 やや今一な部分や改善点が多い。不便さや不親切な点が目立つ。
石の配布量 3点 ここまで石の配布量を渋るのもかなり珍しいレベルの配布量、最初に10連引けるのは6章中盤まで進行してやっと引けるレベル。イベントが攻略できるようになればそこそこ入手は出来るようになる。
ガチャ 4点 上の配布量と共にかなり激渋、最高レアリティのSSR確率は装備4%、キャラ1%が基本、SRは合計15%。Rは80%。
全体的バランス 6点 ゲームシステムやストーリーのバランスは非常に良いが、ガチャが全て足を引っ張っている感が否めない。
総合点数 7点 足して割ると7点と言った感じ。

つまるところガチャが全て足を引っ張っているという感想です。有料ゲーなのでガチャは無いだろうと思ってプレイしたらこの状態だったので、正直結構ガッカリ感がありましたが、ストーリーと戦闘システムは神ゲーでした。オフラインストーリーも自由に遊べボリュームも相当あるので、イベントとガチャに拘らないのであればかなり遊べます。点数は総合の部分の通り7点と言った感じです。

強化システムなどもっシンプルで分かりやすく、とっつきやすいです。

-エバーテイル, レビュー

執筆者:

関連記事

[バンドリ]音ゲー好きの管理人が絶対にお勧めする神ゲーアプリ、ゲーム紹介など。

今回は現在いろいろな方面で展開されているバンドリの紹介をしたいと思います。   まずこの作品はどんなものかと言うと、声優によるリアルバンドをメインに、アニメ、漫画、ラジオやリアルバンドと幅広 …

[魂斗羅ローグコープス]体験版のレビュー評価、いい意味でも悪い意味でも従来の魂斗羅とはちょっと違う作品です。

今回は魂斗羅ローグコープスの体験版が2019年9月12日に配信されたので触ってみた感想と、公開されている情報も踏まえて紹介とまとめていきます。   魂斗羅ローグコープスとは コナミからの作品 …

[テリワンSP]DQMテリーのワンダーランドSPをプレイしてみて感想など

今回は配信されてから大分時間が経ちまして3DS 版のリメイクである今作品を今更プレイしてみたので感想や紹介などしていきたいと思います。 どんな作品? 本作品はゲームボーイ版のDOMテリーのワンダーラン …

[void tRrLM(); ]ボイドテラリウム、レビュー評価、久しぶりの日本一ソフトウェアの新作は肉塊や液状化したりと衝撃的な話+まさかの不思議のダンジョンシリーズ。

今回はvoid tRrLM();(ボイドテラリウム)を触ってみて感じたことや、レビュー評価などの話しです。 ローグライク+日本一ソフトウェアと聞いて思わず飛びついた作品で、製品版のPS4版でプレイして …

[Deemo Reborn]レビュー評価、想像以上に探索パートが良くできておりアプリ版をプレイしてても好印象な作品でした。

今回は2019年11月21日に発売したPS4版Deemo Rebornのレビュー評価をアプリ版などと比べて紹介していきます。   Deemo Rebornとは Deemoとはアプリ版で最初に …