サモケンのゲーム日誌

このサイトはゲームやアプリを中心に攻略やレビュー、紹介をしていくサイトになります。

FFBE幻影戦争 レビュー

[FFBE幻影戦争]レビュー評価、シンプルな構造でFFTやストラテジーに似たギルドシステムが好きな人にはおすすめの作品です。

投稿日:2019-11-14 更新日:

今回はFFBE幻影戦争をプレイしてみた感じなどの紹介です。過去作のFFTやFFTA1~2などもかなりやり込んでいたので、ずっと長らく待っていたアプリで期待していた作品です。

 

FFBE幻影戦争をプレイしてみた感想など

とりあえずチュートリアルや序盤を触ってみた感じなどの状態から。

しっかりと高さ設定があり、3DのシュミレーションをそのままFFTから継承しており、MPはTPとAPに変更されFFT同様最初からTPはMAX状態でスタートする、APはキャラにより初期値が設定されている。

FFTA1~2の時は毎ターンチャージするシステムでしたがこのシステムは個人的には戦略性にかけるのであまり好きではなかったというのもあり、MAX状態スタートは個人的にうれしい要素です。

 

戦闘はシンプルなシュミレーション

・編成や初期配置など

編成画面はFFT同様5人編成、アイテムを持ち込み可能で、オート戦闘も可能。

初期配置は編成、戦闘開始時に配置を設定可能で、これもタッチだけでポンポンと切り替えできるので、かなり快適です。

FFTなどにあった移動コマンドなどは無くなり、ターンが回ってくると自動で移動フェイズに移行する。移動しなければ行動後移動もできる。

左に常に敵と味方の行動順が表示されており、CTも視認しやすく行動後アクション後の行動順変化なども把握しやすくなっている。

予測ダメージや命中率も変な改変はされておらずそのままの仕様ゲージの減少量からも確認できるので視認性も良くなっている

操作性に関しては3Dにしたアークザラッドに近い感じがしました。

視点は斜め視点が基本だが真上からの見下ろし視点にも切り替えが可能。

 

・アビリティはAP+使用回数制。

アビリティの使用はTPやAPを消費し、アビリティごとに使用回数が設定されている

これは今までと違うシステムですが、使用回数は比較的多めなので、現状あまり困らないかなと言ったところ。

それ以外でもFFTのシステムで3ターン後ロストするシステムや、宝など敵も取得できる点なども変わらずそのまま。(味方のユニットは戦闘から除外され、完全ロストはしない)

 

強化システムについて

強化システムはソシャゲあるあるな素材と金、JPを使った強化がメイン。

・ジョブ強化

主に素材を使用してジョブの基本レベルを上げれる。

・限界突破と覚醒

これもソシャゲあるあるの限界LVとジョブLVが引きあがるもの、主に素材を使用。

限界突破はキャラダブリ時の素材を使用。ガチャや探検、特定のクエストクリア時などで入手できる。

・アビリティ強化

アビリティはJPを使用して強化していく、スフィア版の様なツリーシステム。

見た瞬間廃人ゲーと判断できる広大なツリー領域。

・装備

武具はレシピを入手後クラフトで作成する、レシピは消滅。

武具やビジョンカードにも強化と覚醒があり、やり込み度はかなり高い。

・探検チョコボによる遠征で放置レベル上げが可能。

ある程度ストーリーが進むと遠征システムである、探検チョコボが解放され、キャラを設定しておくと自動で経験値が入るというもの、数日間放置してると数万~数十万の経験値が入り、上限はほぼ無いので、放置ゲー感覚でレベル上げもできる

 

ホーム画面はシンプルなソシャゲそのもの

ソシャゲと言ったらこのUIだろうと言うようなシンプルな構造のあるあるホーム画面。

ランクとスタミナ制と主流なテンプレソシャゲ感があふれてます

ギルドをはじめとし、デュエルというPVPもある。

 

・ガチャ

ガチャは石2000(約4000円)で10連と単価がややお高め。

しかしお得なパックも当然あるので、石の量=値段くらいに得なものもあるので、他のソシャゲとさほど変わらないかなと言う所

 

・ガチャ排出率とレアリティについて

レアリティは4種類で、UR(4%)SSR(16%)SR(51%)R(28%)となっている。

しかし大別してユニットと装備と2種類混在しているので、実際の排出率はやや低めだが、SSRの排出率がそこそこ高く、序盤は困らなそうではある。

 

 

気になった点や不満点など

・マスがタップしにくい。

とりあえずタッチメインで3Dと言うこともあり、敵の後ろなどユニットの陰に隠れているマスをタップしにくいと言う点。

上から視点だと高低差が見辛くなるというのもあり、これは仕方ないのかなぁと言ったところ。カメラを一々回転させるのはやや不満と言ったところ

見下ろし視点に変更可能だが、やや使いにくいキャラのグラフィックが変更されるわけではなく、やや見にくい点もあり。

・ガチャの高レアリティはガチ引き

ユニットの低レアリティからの互換性やレアリティ強化&進化システムは無いので、URなどは気合引きしなければいけない。

正直この点に関してはソシャゲ業界の闇とも思っているのでこのシステムは大嫌いです。特にUR前提の難易度になってくると、完全に初心者や無課金勢は切り捨てられるので、このシステムに関してはソシャゲ業界から無くなってもいいとすら思ってます。

逆に全キャラレアリティ進化できるゲームはかなり好きです。

・テンポはやや悪い

シュミレーションゲーなので当たり前なのですが、テンポはやや悪めで1回の戦闘時間はそこそこ長いです(早くても2~3分)

さらに1日で挑戦回数が設定されているデイリーやイベントを全て毎日周回するとなると、かなり時間がかかります

一応戦闘スキップチケットと、かなり便利な機能がありますが入手数に制限があるので常に使えるわけではない。

 

公式などの情報

・公式トレーラー

・公式サイトはこちら https://www.jp.square-enix.com/WOTV/

 

まとめ

まだ始めたばかりですがFFT好きとしては、なかなか良好と言ったところ。

システムも変に改変されておらずFFTのシステムがベースになっているのでかなり好感が持てます

しかし気になった所で上げている2点もあり(特にガチャシステム)良ゲー感ですが課金要素とガチャで台無しにしてるという感じもしました。

点数を付けるなら7点と言ったところ。プレイを続けるかはガチャが結構渋めなのでイベント時の石の配布率次第と言ったところ、とりあえずFFT好きなのは変わらないのでストーリーは一通り触ってみようと思います。

他に決め手となるのはギルド機能やフレンドと、どれだけ楽しめるかで大きく変わると感じました、仕様がストラテジー系のギルド機能にやや似ているところがあるので、この手のタイプが好感が持てる人なら楽しめそうだと感じました。

・追記

リリースされてからある程度プレイしてみて思ったこと。

異常育成要素+課金前提のシステムが非常に目立つ仕様になっており、正直うんざりしてきました。ユニット+装備+ビジョンカード+召喚獣には強化と覚醒があり素材は全て別々のものを使用し、素材の数もやや集まりにくく、無課金の場合は長い目で見ないとまず追いつかないレベルの廃人要素が多すぎる。

最初点数を8点にしてましたが7点に修正しました。

あまりにも1周の時間がかかりすぎるので、スタミナ回復じゃなくてドロップ数が数倍になる時短アイテムを作ってほしいというのが個人的な意見です(それも課金アイテムなら意味ないが)

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS

SQUARE ENIXposted withアプリーチ

 

 

-FFBE幻影戦争, レビュー

執筆者:

関連記事

[スターデューバレー]早速プレイしてみた感想やレビューなどの紹介

今回紹介するのは来月で3周年を迎えるスターデューバレーが本日PS4版とSwitch版でパッケージ版が発売されるということで、前から気になっていたのでPS4版を購入し早速プレイしてみた感想などの紹介。 …

[周辺機器]レビュー、評価。HORIワイヤレスコントローラーライトPS4を購入したので、実際に使ってみた感想など

今回は初売りで購入してきたHORIコンのワイヤレスコントローラーライトPS4の紹介&レビュー記事です。実際にゲームをプレイしてみた感じのメリットデメリットなども説明。   ワイヤレスコントロ …

[デビルメイクライ5]レビュー評価、過去作品と比較すると3と4は超えれないが映像やアクションは綺麗に仕上がっている作品。

今回はデビルメイクライ5評価や個人的感想などの紹介をしていきます。 まずはじめに評価をする前提として発売前の数週間前からPS4版の1から4をプレイしており、またこれらの評価はデビルメイクライ5のノーマ …

[イドラファンタシー]ファンタシースターシリーズの最新作が本日から配信開始されたのでプレイしてみた感想など。

本日ついに配信が開始されたイドラファンタシースターサーガのレビューをしたいと思います。 ファンタシースターと聞くと最初に上がるのはドリームキャスト時代のファンタシースターオンライン想像する人が多いので …

[ラピスリアビス]レビュー・評価、クラダンのシステムを少々匂わせる超シンプルハクスラゲー

今回は発売してから1年ほどと大分立ちましたが、購入する機会があったのでラピスリアビスを遊んでみた感想やレビューなどの紹介です。   プレイしてみた感想やレビュー評価、よかった点や気になった点 …